仮想化方式

VDIとSBC(RDS)の2つの方式に対応

SKYDIV Desktop Clientは、ユーザーが自分の端末からリモートでサーバー上の個々のクライアントOS(仮想端末)を操作する「VDI方式」と、複数のユーザーがサーバーOSにリモート接続し、OSを共有して利用する「SBC(RDS)方式」に対応しています。

VDI方式Virtual Desktop Infrastructure

個々の仮想端末(仮想デスクトップ)をサーバー上に作成

仮想化方式(VDI):サーバー上に作成された個々の仮想端末でアプリケーションを利用

VDI方式では、サーバー上に作成された個々の仮想端末(仮想デスクトップ)でアプリケーションを利用するため、物理PCとほぼ同じ自由度の高い実行環境で多くのソフトウェアを使用することができます。
Windows 10などのクライアントOSで利用するソフトウェアも使えることが特長です。

SBC(RDS)方式Server Based Computing

サーバーOS上のアプリケーションを各端末で共有

仮想化方式 SBC(RDS):サーバーOS上で動作するアプリケーションを各端末で共有

SBC(RDS)方式は、サーバーOS上で動作するアプリケーションを各端末で共有することになるため、VDI方式に比べて使用できるソフトウェアは限られますが、サーバーのCPUやメモリ、ストレージの利用効率が高く、コスト削減が期待できます。限られたソフトウェアのみ利用する環境に適した方式です。

クラウド環境にも対応しています

「Microsoft Azure」で、SBC方式の環境を構築いただくことが可能です。VDI方式についても、今後対応を予定しています。

「SKYDIV Desktop Client」の機能

テレワーク・シンクライアント
をご検討中のお客様へ

ページのトップへ