仮想化方式

お客様の運用環境に合わせて、
さまざまな仮想方式をご用意

SKYDIV Desktop Clientでは、「VDI方式」「SBC(RDS)方式」「仮想ブラウザ方式」の3つの仮想方式をご用意。お客様の仮想環境の用途に合わせて、それぞれを組み合わせてご利用いただけます。また、クラウド環境でのご利用も可能です。

VDI方式Virtual Desktop Infrastructure

VDI方式では、サーバー上に作成された個々の仮想端末でアプリケーションを使用するため、物理PCとほぼ同じ自由度の高い実行環境で多くのソフトウェアを使用することができます。Windows 10などのクライアントOSで利用するソフトウェアも使えることが特長です。

SBC(RDS)方式Server Based Computing

SBC(RDS)方式は、サーバーOS上で動作するアプリケーションを各端末で共有することになるため、VDI方式に比べて使用できるソフトウェアは限られますが、サーバーのCPUやメモリ、ストレージの利用効率が高く、コスト削減が期待できます。限られたソフトウェアのみ使用する環境に適した方式です。

仮想ブラウザ方式
(Linux)

Linuxのサーバー上で動作するWebブラウザ※2の画面のみを物理端末に転送し、操作する方式です。RDS CAL※3が不要なため、SBC(RDS)方式に比べてさらにコスト削減が期待できます。ご利用時には、Windowsの標準フォントやプラグインなどの互換性について注意が必要です。

クラウド環境にも対応しています

オンプレミス環境だけでなく、パブリッククラウド「Microsoft Azure」上でもVDI方式 / SBC(RDS)方式の環境をご利用いただけます。AVD(Azure Virtual Desktop)環境でのご利用にも対応しています。

「SKYDIV Desktop Client」の機能

テレワーク・シンクライアントを
ご検討中のお客様へ

ページのトップへ
「SKYDIV Desktop Client」導入相談カフェ「SKYDIV Desktop Client」導入相談カフェ
「SKYDIV Desktop Client」導入相談カフェ