大規模ユーザ向けシンクライアントシステム
SKYDIV Desktop Client
機能のご紹介

利用者が初めてでも使いやすく、管理者が運用しやすいシンクライアントシステムを目指して、各種機能・設定をご用意しています。

利用者の使いやすさを追求

はじめてでも、すぐに使える起動画面

使いたいときに、アイコンをクリックしてすぐに仮想環境でインターネットやアプリケーションが起動できます。起動後の操作感は、ローカル環境でご利用いただく場合と変わりません。

使いたいときにすぐに仮想環境でインターネットやアプリケーションが起動
アニメーションを最初から再生 アニメーションを一時停止

マーカー表示でローカル環境と区別しやすい

仮想環境のウィンドウをマーカー表示することで、利用者がローカル環境のアプリケーションと区別しやすいように設定できます。また、マーカーの色や大きさなどを変更できます。※1※2

  • 1 アプリケーションの場合のみ、マーカー表示されます。また、マーカー表示は任意でON / OFFが可能です。
  • 2 複数のネットワークで個別に仮想環境を構築している場合でも、ネットワークごとにウィンドウの色を使い分けることで、判別がしやすくなります。
仮想環境のウィンドウをマーカー表示

さまざまなOSで仮想環境が利用可能

Windows搭載PC以外でも、MacやLinux、iPad、Chromebook、Android端末など、さまざまな環境でご利用いただけます。
動作確認製品に関する情報は、こちらをご覧ください。

管理者の日々の業務をスムーズに

ユーザーへの仮想端末の割り当て、管理を支援

SKYDIV Desktop Clientでは、ユーザーが使用するOSやアプリケーションを一つにまとめた「カタログ」を管理画面上で準備し、部署やユーザーに割り当てることができます。カタログごとの仮想端末の割り当て状況や、ユーザーのログオン状況も一覧で把握でき、管理しやすいのが特長です。

仮想端末の割り当て、管理を支援

仮想端末の割り当て、利用状況の把握がしやすい管理画面を用意

カタログの作成や、部署・ユーザーへの仮想端末の割り当て、マスターイメージやユーザーの管理が管理画面上で行えます。カタログごとの仮想端末の割り当て状況や、ユーザーのログオン状況を一覧で把握することができ、管理しやすいのが特長です。

カタログごとの仮想端末の割り当て状況や、ユーザーのログオン状況を画面上で一覧で把握

VDI、SBC(RDS)の設定も画面上でわかりやすく解説

カタログ作成時には、必要な設定が理解しやすいように、仮想化の方式や「フルクローン(専用端末) / リンククローン(共有端末)」「公開デスクトップ / アプリケーション」などの設定について、イラストとヒントでわかりやすく解説。複雑な設定なしで、仮想端末の準備が行えます。

サーバーの負荷・障害を可視化、素早い状況把握を支援

環境の構築に必要な各種サーバーの追加・削除や、パフォーマンスの確認など、必要な作業が画面上で行えます。また、センターサーバーから各サーバーへ定期的に通信確認を行い、通信できない場合は管理者に通知することも可能です。

サーバーの負荷・障害を可視化

サーバーのメモリ使用率やネットワーク負荷をグラフ表示

各サーバーのメモリ使用率やネットワークの送信・受信量など、パフォーマンスに関する情報をグラフで視覚的に確認できます。リソースの使用状況やネットワークの負荷状況など、サーバーの稼働状況を定期的に確認したり、トラブル発生時の状況把握や問題の切り分けに活用いただけます。

  • 異常を検知するための各項目のしきい値を別途指定することができます。

複数サーバーのログを収集し、障害の切り分けなどを効率化

SKYDIV Desktop Clientが出力するシステム稼働ログや、OSが出力するイベントを収集・管理。サーバーの障害が発生した場合に、該当するサーバーのログを絞り込んで確認することで、原因の調査などに活用いただけます。

必要な情報をピンポイントで抽出

複数の項目を指定して検索することで、的確に必要なログを絞り込むことができます。

システム稼働ログ

管理者と利用者の操作など、SKYDIV Desktop Clientのシステムの動作状況に関するログを収集。

利用状況 ログオン / ログオフ接続先のサーバー名組織外PCの認証状況仮想端末の割り当て失敗 など
システム状況 サーバーの常時監視パフォーマンスのアラート発生電子証明書の期限切れ管理者へのアラートメールの送信失敗仮想端末をクラスターへ登録・移動・削除 など
設定変更 仮想端末の作成やバックアップ実行など、管理機で設定した操作履歴

イベントログ

各サーバーのWindowsイベントログをまとめて収集し、あらかじめ設定しておいたログが発生すると、アラートとして管理者に通知。

アプリケーション
セキュリティ
セットアップ
システム
転送されたイベント
リモート接続
Hyper-V

サーバーメンテナンスなど、日々の管理業務をサポート

サーバーのメンテナンス作業時に、仮想端末への新規の接続を禁止する「メンテナンスモード」へ素早く切り替えが行えます。また、管理画面上で仮想端末の利用状況を確認したり、仮想端末のログオフ / 電源OFFも行え、スムーズに作業が開始できるよう支援します。

サーバーメンテナンスなど、日々の管理業務をサポート

専用画面でモード切り替え、スケジュール設定が可能

仮想端末の接続状況をサーバーごとに一覧で確認しながら、メンテナンスモードなどへの切り替えが行える画面を用意しています。定期的なメンテナンスに備えて、モードの切り替えをスケジュール設定しておくことも可能です。

朝の業務開始時に、仮想環境をスムーズに利用できるように

朝の始業時間に多台数のPCが仮想端末を一斉に起動しようとした場合には、サーバーの負荷が急激に高まり、起動に時間がかかってしまうことがあります。管理者が事前に起動スケジュールを設定し、仮想端末制御ホスト内の仮想端末を順次起動しておくことで、各PCからスムーズに仮想端末に接続することができます。

起動スケジュールを設定

仮想端末の詳細な起動スケジュールを設定

始業時間の何時間前から仮想端末の起動を開始させるかなど、定期的なスケジュール設定が可能です。夏季休暇や年末年始など、起動させない除外日程も指定しておくことで、長期的な起動スケジュールを組んでおくこともできます。

仮想環境を安心して使い続けられるシステムの構築に

サーバーの負荷分散や、万が一の障害発生に備えて、複数の仮想端末制御ホスト間で仮想端末の移動が可能な「クラスター環境」に対応。システムトラブルが発生した場合にも、業務停止期間を最小限に抑えることができます。管理画面上では、構築されたクラスター環境や各ホストに登録された仮想端末の状況などが確認でき、仮想端末を手動で移動させることもできます。

「クラスター環境」に対応

重要なシステム管理業務を特定のユーザーに限定

SQL Serverの冗長化管理など、重要な管理業務に関する操作権限を、特定の管理者(特権管理者)に限定することで、セキュリティの強化を図ることができます。特権管理者は、Active Directoryのセキュリティグループ単位で指定できます。

特権管理者のみ許可される主な操作

SQL Server冗長化管理
システム稼働ログの設定
イベントログの設定
各種サーバーの追加・設定・削除
管理ユーザーの設定
アラート通知メールの設定

万が一のトラブル発生時も、状況把握をスムーズに

仮想端末が起動できないなどの問題が起きた場合には、問い合わせ番号が記載されたエラーメッセージを利用者のPC画面に表示。利用者が状況をうまく説明できない場合でも、管理者はその番号からトラブルの詳細を把握できるため、対処が素早く行えます。

エラー内容の把握と迅速な対応を支援

管理者は、ユーザーからの問い合わせ番号を専用画面で検索することで、エラー内容と対処方法を確認できます。

機能更新プログラムの仮想端末への適用をスムーズに

仮想端末に対する、Windows 10の機能更新プログラムの適用を支援します。VDI方式をご利用の場合に、管理画面上で機能更新プログラムとマスターイメージを選んで実行することで、仮想端末にリモート接続せずにアップデートが行え、作業効率化につなげていただけます。

SKYDIV Desktop Clientの更新作業をより手軽に

仮想端末のカタログ更新時や、ユーザーがランチャーを起動する際に、自動でアップデートや更新プログラムの適用が行われる設定を用意。SKYDIV Desktop Clientの更新作業を効率的に行っていただけます。

SKYDIV Desktop Client 機能概要

システム管理 システム構成 サーバーの稼働状況の把握、ライセンスの設定、仮想端末で使用するネットワークの設定、仮想端末を起動するスケジュールの設定が行えます。
パフォーマンス確認 メモリ使用率やネットワークの送信・受信量など、各サーバーの情報を収集し、グラフ化して確認できます。また、CPU・メモリなどの使用状況を監視し、異常があった場合に通知が行えます。
ログ閲覧 システム稼働ログやイベントログの閲覧が行えます。
サーバーメンテナンス サーバーの常時監視の停止など、メンテナンス時のモードの切り替えが設定できます。サーバーに接続しているユーザーのログオフや、仮想端末のシャットダウンなども行えます。
SQL Server冗長化管理 冗長化(クラスター)構成の作成や管理が行えます。
クラスター構成仮想端末管理 フェールオーバークラスター構成(WSFC)の環境を構築している場合に、クラスター構成への仮想端末の登録や、別の仮想端末制御ホストへの移動が行えます。
システム管理設定 管理者の追加・削除、アラート発生時のメール通知設定やログの設定などが行えます。また、ログをsyslogサーバーに送信するように設定できます。
カタログ管理 作成・編集・削除 カタログの作成(VDI / SBC)から、仮想端末の追加や削除、再編成、設定変更が行えます。
マスターイメージ管理 仮想端末に使用するマスターイメージ(チェックポイント)の更新・削除や、Windowsの機能更新プログラムの適用が行えます。
運用管理 利用割当ユニット管理 部署別・ユーザー別に使用できる仮想端末、アプリケーションを管理できます。
ユーザー管理 Active Directoryを基にしたユーザー管理が行えます。組織外や、タブレット端末・スマートフォンを使用 する際の利用状況の確認、各種設定なども行えます。
利用設定 セキュリティ設定

USB接続のディスクドライブを利用禁止にするなどのセキュリティポリシーを設定できます。

ユーザー認証 ランチャー利用時にシングルサインオンする
ランチャー起動時にマウス・キーボード操作が一定時間ない場合、自動的にログアウトする
タブレット端末の仮想端末 / アプリ起動時にSKYDIV Desktop Clientのユーザー認証を要求する
ドライブ / デバイス ディスクドライブの利用を禁止する
仮想端末 / アプリからディスクドライブへのデータのコピー / 移動を禁止する
RemoteFX USBデバイスの利用を許可する
USB(RemoteFX USB)で接続されたディスクドライブの利用を禁止する
USB(RemoteFX USB)で接続されたディスクドライブ以外の利用を禁止する
仮想端末 / アプリからUSB(RemoteFX USB)で接続されたディスクドライブへのデータのコピー / 移動を禁止する
スマートカードデバイスの利用を禁止する
COMポート(シリアルポート)の利用を禁止する
LPTポート(パラレルポート)の利用を禁止する
プリンター プリンターの利用を禁止する
通常使うプリンターの設定を利用者PCから引き継がない
リモート デスクトップ Easy Printを優先して実行する
「通常使うプリンター」のみ利用する
オーディオ / ビデオ 音声を利用者PCで再生する
再生時の音質を制限する
オーディオ録音デバイスの利用を許可する
ビデオキャプチャーデバイスの利用を禁止する
スマートカード認証 スマートカードを利用する
スマートカードが取り外された場合の動作を指定する
「拡張キー使用法(EKU)」が含まれない証明書が書き込まれたスマートカードの利用を許可する
楕円曲線暗号(ECC)証明書が書き込まれたスマートカードの利用を許可する
デスクトップ / アプリ利用時の認証でネットワークレベル認証を有効にする
その他 仮想端末 / アプリからのクリップボードの共有を禁止する
利用者PCからのクリップボードの共有を禁止する
表示時刻を利用者PCのタイムゾーンに合わせる
RDゲートウェイ経由接続時の認証方法を指定する
リモート接続設定

操作が一定時間なかった場合は切断するなど、画面転送に関するポリシーを設定できます。

接続 同一ユーザーによる複数の仮想端末 / アプリへの同時リモート接続を許可する
アプリケーション起動時の接続中画面に、詳細の表示画面(接続先のログオン画面)を表示する
公開アプリケーション利用時に、リモート接続サーバー上で移動ユーザープロファイルが有効でもローカルプロファイルを利用する
切断 / ログオフ マウス・キーボード操作が一定時間なかった場合、自動的に切断する
接続してから一定時間経過すると自動的に切断する
自動的に切断された場合、同時にログオフする
仮想端末 / アプリを切断後、一定時間経過すると自動的にログオフする
アプリケーションを終了後、一定時間経過すると自動的にログオフする
画面表示 表示可能なモニター数を制限する
表示可能なモニターの解像度を制限する
色の解像度(深度)を制限する
デスクトップの背景を表示しない
フォントスムージングを禁止する
デスクトップ コンポジション(Windows Aero)を許可する
スタートメニューに[Windows セキュリティ]項目を表示しない
その他 ルート証明書の自動更新によって、リモート接続の開始処理に時間がかかる問題を解消する
仮想端末 / アプリ上でキーボードレイアウトを日本語(JIS)キーボードとして扱う
スタートメニューが表示できない問題を解消する
Internet Explorerのインターネット一時ファイルを削除する
その他 ユーザー問い合わせ対応 エラーメッセージに記載された問い合わせ番号を検索することで、エラーの詳細や対処方法が確認できます。
ユーザー認証 仮想端末へのログイン時に、Windowsスマートカード認証や、顔認証・静脈認証などの生体認証を活用できます。
「SKYDIV Desktop Client」の仮想化方式

テレワーク・シンクライアント
をご検討中のお客様へ

ページのトップへ