機能のご紹介

利用者が初めてでも使いやすく、管理者が運用しやすい
シンクライアントシステムを目指して、各種機能・設定をご用意しています。

はじめてでも、
すぐに起動して使える、
利用者の使いやすさを追求

使いたいときに、アイコンをクリックしてすぐに仮想環境でインターネットやアプリケーションが起動できます。
起動後の操作感は、ローカル環境でご利用いただく場合と変わりません。

使いたいときにすぐに仮想環境でインターネットやアプリケーションが起動
アニメーションを一時停止

複数の環境の使い分けも
ランチャー画面で簡単に

利用者が使う仮想環境が複数ある場合には、ランチャー画面を表示して選択できます。ショートカットを作成して、デスクトップから直接起動することも可能です。

業務をスムーズに始められるように、仮想環境にリモート接続した際に、よく使うアプリケーションを起動しておくことも可能です。
※ SBC(RDS)方式をお使いの場合にご利用いただけます。

仮想環境のウィンドウをマーカー表示
仮想環境のウィンドウをマーカー表示

マーカー表示でローカル環境と
区別しやすい

仮想環境のウィンドウをマーカー表示することで、利用者がローカル環境のアプリケーションと区別しやすいように設定できます。また、マーカーの色や大きさなどを変更できます。※1※2

  • 1 SBC(RDS)方式でアプリケーションを使用している場合のみ、マーカー表示されます。また、マーカー表示は任意でON / OFFが可能です。
  • 2 複数のネットワークで個別に仮想環境を構築している場合でも、ネットワークごとにウィンドウの色を使い分けることで、判別がしやすくなります。
仮想環境のウィンドウをマーカー表示

いつものWebブラウザを仮想環境でも

仮想環境でも、Microsoft EdgeやGoogle Chromeなどの普段使い慣れたWebブラウザでインターネットが利用できます。

さまざまなOSで仮想環境が利用可能

Windows搭載PC以外でも、MacやLinux、iPad、Chromebook、Android端末など、さまざまな環境でご利用いただけます。
動作確認製品に関する情報は、こちらをご覧ください。

SKYDIV Desktop Client 機能一覧

機能一覧表はこちら
(PDF:220KB)

テレワーク・シンクライアントを
ご検討中のお客様へ

ページのトップへ
「SKYDIV Desktop Client」導入相談カフェ「SKYDIV Desktop Client」導入相談カフェ
「SKYDIV Desktop Client」導入相談カフェ