新機能のご紹介SKYDIV Desktop Client Ver.5

オプション

SKYDIV Desktop Client Remote Access Service
手軽に・安全にオフィスのPCをリモート操作

出張先やテレワーク中に、手元のPCからオフィスのPCをリモート操作できるサービスを新たに搭載。パブリッククラウドを経由する「SaaS版」に加えて、社内に設置したサーバーを介して利用できる「オンプレミス版」もご用意し、お客様の運用に合った方式をお選びいただけます。※ 本機能は、オプションでのご提供のほか、単体で購入してご利用いただくことも可能です。

※ インターネットの回線速度が極めて遅い場合は、この限りではありません。
対応機能を続々追加!

Linux®のサーバー上で動作する
仮想ブラウザ方式の利用がさらに便利に

Linuxのサーバー上で動作するWebブラウザの画面を各PCに転送することで、RDS CALが不要で、
導入コストを抑えたシンクライアント環境を実現する「仮想ブラウザ方式」。
Ver.5では、プリンターのリダイレクトやクリップボード共有の制限設定が可能になったほか、
SKYSEA Client Viewと連携してWebアクセス状況をログで記録できるようにするなど、さらに便利な機能へと進化しました。
※ Windows Server Remote Desktop Services CAL

※ SKYSEA Client Viewのライセンスが別途必要です。

クリップボード共有の制限設定が可能に

仮想環境とローカル環境間でのクリップボード共有をテキストのみに制限できます。

Webブラウザから仮想環境にすぐアクセス

エージェントレスで仮想環境を利用できるWebランチャー機能に対応しました。

  • 本機能について詳しくはこちらをご覧ください。

Mac、Linux端末でも利用が可能に

これまでのWindows端末に加えて、Mac、Linux端末からも仮想ブラウザが利用できます。

対応OSがさらに充実!オプション

ファイル無害化連携機能が
Mac、Linux®端末にも対応※1

他社のファイル無害化ソリューションと連携し、仮想環境の利用中にWebサイトなどでダウンロードしたファイルを無害化※2
マルウェアの可能性があるプログラムやマクロなどを取り除いて安全なファイルを作成し、ローカル環境に転送することができます。
Ver.5では、これまでのWindows端末に加えて、Mac、Linux端末でも無害化が可能になりました。
※1 本機能はオプションです。
※2 連携する各メーカー様の製品については、こちらをご覧ください。

テレワーク・シンクライアントを
ご検討中のお客様へ

ページのトップへ
「SKYDIV Desktop Client」導入相談カフェ「SKYDIV Desktop Client」導入相談カフェ
「SKYDIV Desktop Client」導入相談カフェ